FEATURE

特集

ディーラー vs ルーカス カーフィルム編 ディーラーさんのカーフィルムとの違いを徹底調査ディーラー vs ルーカス カーフィルム編 ディーラーさんのカーフィルムとの違いを徹底調査

ディーラーでカーフィルムを依頼した場合、お客様が知らない選択がいくつかあります。

その1:純正オプションのカーフィルムの選択

ディーラーさんのオプションカーフィルムはコンピュータカットによる商品がほとんどです。
ネット、カー用品店で車種別カットフィルムとして売られている物と同じです。(素材は不明)
部分的な再発注ができないため一発勝負となるのがデメリットです。
失敗を防ぐ為か?カットも小さめで、当店のようにガラスギリギリまで貼ることはできず、隙間があく箇所もあります。
リアガラスも2分割、3分割の重ね貼りなので非常に見栄えが良くありません。

金額が安いならとも思いますが、同等の金額と聞いています。
純正品は安心という気持ちは分かりますがカーフィルムはちょっと別物です。

その2:営業所に運ばれる前に、モータープールにて作業する場合もあります。

内製業務と言われていますが、実態はそこに入った下請け業者の作業となっているようです。

その3:営業所に来てくれる出張業者での作業です。

依頼したカーフィルムをディーラーの駐車場や洗車場で作業されることをどう感じますか?
条件が安定せず良い環境とはとても言えません。
外で作業する出張業者に依頼するのもディーラーとしての品質はどうかと思ってしまいます。
ディーラーだからこそ技術に信頼のある業者さんが出入りしてもらいたいものです。
技術を持ってるお店は、そもそもお客様が付いているのでディーラーの下請けなどやりたがらないのもあります。
出張作業は請け負ったディーラーさんが楽なだけで、お客様にはいいことが一つもありませんのでご注意ください。

金額はどちらがお値打ちなのでしょう?

作業方法や仕上げへの理想が違いますので一概に判断できませんが、
客観的に見てもディーラー経由での作業より、お得だと思ってやっています。
下請け業者が入っているということは中間マージンの料金も発生しますので当然金額は高くなるでしょう。

ディーラーにカーフィルムを依頼した場合、お客様の車がどのように作業されるかは担当者しだいです。
購入のついでにお願いすれば、納車されるまでにやっておいてくれますので、
直接お店を探したりしなくて済むので楽なのはよく分かります。
手間と時間はお掛けしてしまいますが、当店に来て頂ければメリットもたくさんあると思います。
結果よかったと言ってもらえるよう努力しております。

カーフィルム施工は購入された車に一回限りが理想です。

そして一番最初の作業が一番綺麗に仕上がるんですよ。

ついでにカーフィルム選択のアドバイス

僕の自宅の壁紙クロスは、ごく普通の白いクロスです。
しかし凄く考え抜いております。
質感で言えば薄いクロスで塗ったように見せたかったのですが、
職業病で、つなぎ目、下地処理の断面が気になるだろうと厚めのクロスを選びました。
その後、店舗改装にて事務所に珪藻土風の薄いタイプの物を使用しました。
やはり下地が目立ちます、天井には黒いクロスを選択してみました。
薄いうえに黒いクロスは、作業の汚れなどがとにかく目立ちます。
車と同じで黒を扱うときは普通の行動では追い付かないんだなと思いました。

カーフィルムの選択にも同じことが言えると思います。
難しい素材を選び、言い訳される仕上がりよりも、
お客様の拘りの範囲内で上手くおさまるような素材を選択してあげる。
断熱など一点を強調し良いフィルムとして売るのではなく、
仕上がりも含めトータル的にアドバイスできるよう心掛けております。

ページの一番上へ