特集

Q.ディーラーさんの純正コートか?当店のような専門店でお願いするのか?どちらがいいのでしょうか?

A.もちろん当店のような専門店です!

新車しかやらないディーラーさんと一緒にされてはちょっと複雑な気持ちです・・・
汚れ、細かいキズ処理、磨き、ができないディーラーさんで何でやるんでしょう?

新車購入時に純正コーティングを注文しても納車されるまで雨ざらしとなります。
ディーラーさんでは部品取り付けと同じよう違うセンターで加工され営業所に配送されます。
黄砂、花粉の時期、夏場、などでは結構酷い状態となってます。
お付き合いしている営業スタッフさんなどは、それを心苦しく感じ当店に作業依頼があります。

ディーラーさんと当店ではお客様に車をお渡しするまでの思いが違います。

新車なのに何処でこれだけキズが付いたんだ?このムラなに?って状態が本当に多くあります。
これらの細かいキズ、ムラ、付着物などを処理してコーティングをする訳です。

ですから可能な限り仕上がった一番綺麗な状態を見て頂きたいのです。
下地処理が大変だった黒い車で納車日が雨だとお客様以上にショックなものです。

あと新車購入時はできるコーティングが、数年乗ったらできません。
ディーラーさんにボディーを磨ける人はいません。
僕はお客様に長く乗るなら磨きを入れた再加工は絶対いりますよ!って説明してます。
年数に個人差がありますが、途中で一回磨き直して再コーティングすることに凄くメリットがあると思います。
ディーラーさんではそれができる人はいませんよ。
それでもメーカーの扱うものが安心という方もいるかと思いますが、
当店の作業に対する考えに共感してくれた客様は是非ご相談ください。
ここを読んで来ましたなんて言われたら嬉しいですね。

ボディーコーティングの出張作業もおすすめできません。
カーフィルム同様ボディコーティングも外で作業するようなことはおすすめできません。
ディーラーに依頼したにも関わらず、実態は駐車場で作業されてはお気の毒です。

自分は拘っているのか?

拘っていると思っていても、レベルの高い方から見ればたいしたことないなんてことはあるものです。
拘りなんていうのは誰と比べるかで答えは変わるものではないでしょうか?
経験を積めば積むほど拘りを語ることの奥深さを感じます。
やればやるほど拘りってどこまでを言うんだろう?って思えてきます。

自分のアウディーにカーフィルム貼ってた時に、
常連のお客さんから、自分の車を貼る時の気持ちって仕事と比べどうですか?って聞かれたんです。
僕は「同じですよ」って答えたんです。
作業するお客様の車も、自分の車の時と同じ判断です。
自分だったら嫌だと思う状態で仕上げていない自信はあります。
ただこれが拘っているのか?はよく分からないのです。
もの足りなさを感じたら他で満足できる店を探すのは当然で、
お店は結果を受け止めなければなりません。

大手フランチャイズに加盟してるとか、有名ショップで修行したから拘りが強いなんてことはありません。
自分の判断の積み重ねをお客様がどう思って頂けるのかが答えになるのではないでしょうか。

ページの一番上へ