カーフィルム

作業方法 仕上げ

  • カーフィルム専用液”FILM-ON”で作業しております。
  • 内張り、リアシートなどは基本取り外し、しっかり養生して作業しております。
  • リアはもちろん1枚貼り、三角窓も1ミリの隙間もありません。
    (条件を満たさないようなら事前にお伝えいたします。)
  • 窓を下げた隙間もフィルムを意識させないよう仕上げております。

たかが隙間数ミリの違いですが、この部分が適当で他が完璧な仕上げを未だ見たことがありません。
ここを隠れる部分と判断すれば他の部分もそのように判断されると思います。
実際に三角窓も隙間が空いておりました。
ボディーコーティング、磨きにも影響すると自分は思います。

素材の選択

国産品、輸入品、いろいろと使用し一長一短見極めたつもりです。
開業からずっと使っていて10年以上の経過を自分の目で確認できたウインコスをメインに使用しています。
その他、透明断熱フィルム、スモークメタリック、グリーンフィルムも扱っておりますのでお問い合わせください。

Premium series プレミアムシリーズ

ブランド最高峰の商品です。
ヤナセ、レクサス、BMWディーラーさんが最上級フィルムとして取扱いを初めている商品です。
高級感と最上級の断熱性能を兼ねそろえた素材となります。

※新車登録から一年の車両とさせて頂いております。
※貼り替え作業はお断りしております。

Standard series スタンダードシリーズ

今現在発売されている車のグリーンガラスと相性ピッタリの商品です。
耐久性、視認性もくすみのないスッキリとした視界です。

カーフィルム施工は新車時の作業が一番綺麗に仕上がります。
数年お乗りの車の作業も掃除を徹底して行いますが、
より細かな視点で見れば新車作業のがおすすめです。

特集

ページの一番上へ